図解

外傷 耳

どんな病気?

衝撃により鼓膜が破れたり、耳が傷ついたりなどして激しい痛みを伴うことが多いです。

医学的な原因

物理的な衝撃による損傷になるので、特筆すべき医学的な原因はありません。

セルフチェック

ボールがあたった。
顔をぶたれた。
鼻を強くかんだ。
耳かきが耳の穴に刺さった。
柔道などのスポーツで寝技を長時間かけられた。

ケアの仕方

早めに耳鼻科にかかりましょう。

予防するには?

耳かきをするときは、周りに人がいないことを確認しましょう。 特に小さなお子さんがいる場合は注意を払う必要があります。
鼻をかむときはきちんと片方ずつ押さえて、強くかまないようにしましょう。

図解

骨折 鼻

どんな病気?

鼻すじが一方向に曲がって、顔の形が変わります。
皮下出血がある場合、血腫を作ることがあります。

医学的な原因

物理的な衝撃による鼻骨の陥没脱臼または鼻骨、鼻中隔の骨折になるため、特筆すべき医学的な原因はありません。

セルフチェック

転ぶ、もしくはぶつかって、鼻を強打した。
顔を殴られた。
コンタクトスポーツを行っている。

ケアの仕方

早めに耳鼻科にかかりましょう。
骨折の程度によっては、1~2週間以内に鼻すじを整復固定して戻す必要があります。

予防するには?

特筆すべき予防方法はありませんが、よくある原因としては、事故、ケンカ、コンタクト系のスポーツが挙げられます。

異物 耳 鼻 喉

どんな病気?

物がみみ・はな・のどのいずれかに入り、違和感がある、普段の生活に支障が出る、激しく痛むなどの症状が現れます。

医学的な原因

特筆すべき医学的な原因はありません。

セルフチェック

【子供の場合】
  魚を食べた。
  小さな(特にプラスチックの)おもちゃでよく遊んでいる。
【ご高齢者の場合】
  歯の治療で使用しているクラウンが外れている。

ケアの仕方

異物の場合は、ご自身で取り出そうとすると、鋭利な異物の場合は、裂傷を引き起こす場合がありますので、早めに耳鼻科にかかりましょう。
耳あかの場合は、自分で無理やりとらないようにしましょう。
とりにくい場合は医療機関を受診しましょう。

予防するには?

お子さんに魚を食べさせるときは大きな骨を取り除くように注意してください。
またPTPと呼ばれる薬のケースを誤飲するケースもありますので、手の届く範囲に置かないように気をつけてください。