図解

家庭でできる聴力検診 耳

新生児~乳児の場合は大きな音を立てたり、ガラガラやベルで反応をするか試すことができます。

幼児の場合は音に対する反応だけで判断することが難しいですが、3歳を過ぎると、子供の耳の近くで指をこすったり、ささやいたときの反応で判断することが可能になります。

4~5歳になれば医療機関での聴力検査も受けれるようになります。

図解

鼻のかみかた 鼻

片方ずつ押さえながらソフトにかみましょう。
強くかむと鼓膜が破れたり、中耳炎などの深刻な症状をひきおこすことがあります。

図解

声の高さはどうして決まる 喉

現在、準備中です。